「ママ、おうちサロンはじめました」の著者で現役エステサロンオーナー山崎玲美が、サロン開業を目指す女性起業家にエステ技術と経営ノウハウを教えます。

menu

エステセラピスト養成スクール シルフィアピーカーブー|神奈川県大和市

「育児」と「仕事」の両立。ちょっと拝見!「おうちサロン」④

横浜市青葉区にあるオーラソーマカラーセラピーのサロン 「プチシュシュ」 オーナーセラピストの廣瀬淑子さん 

Q. 家事と「おうちサロン」 の両立の工夫は?

廣瀬さん
仕事と家事のバランスは本当に難しいところがあります。ですが少しずつ、家事をこなす要領も良くなっていきました。

手を抜けるところは、手を抜いて。「家事を完璧に家事をこなそう」という気持ちは、できるだけ手放して。それをできるようになったことが、私には良かったと思っています。

それと、「ながら家事」。仕事の電話しながら、ちょっとした夕食のおかずを作る。電話をしながら洗濯物をたたむ。そんなことも、今ではずいぶん、できるようになりました。

土日に予約が入ることが多いのですが、そんなときは主人が子どもの面倒をみてくれるので、本当にありがたいですね。

自宅で事務作業をするときも、子どもを遊びに連れて行ってくれます。私の実家が近いこともあって、特に子どもが小さいときは毎週のように、おじいちゃん、おばあちゃんに会いに、子どもを連れて行ってくれたのです。

私は本当に恵まれているな、としみじみ幸せな気分になることがあります。でもやっぱり、それは頑張る私を主人が認めてくれたからだと思います。

Q.これから 「おうちサロン」 をはじめる方へ、アドバイスをお願いします 

廣瀬さん 
初めはどんなに小さなスタートでも、自分の大好きな 「おうち」 という空間で第一歩を踏み出せる。そんなママが、これからもどんどん増えていくと良いですね。

同じように「おうちサロン」でがんばっているママたちと積極的に交流していくことで、 「ママパワー」が輪のように、どんどん大きく広がっていくと思います。この 「輪」 は 「和」でもある、とても大切なものです。

そして「ママの笑顔=家族の笑顔」が、もっともっと増えていくといいな、と思っています。

The following two tabs change content below.

山崎玲美

エステ歴20年。2児の母。 大学のインテリア学科卒業後、建築デザイン事務所、スポーツインストラクター経て大手エステサロンに勤務。 2001年の長男出産と同時に自宅でエステサロンを開業。 2007年、大和駅前に出店。 子育てとの両立が難しいエステ業界で、10年以上無借金経営を継続、年商1000万円を達成した。 2014年、おうちサロンのつくり方、集客、経営ノウハウなどを、自身の経験をもとにまとめた著書「ママ、おうちサロンはじめました」(牧野出版)を出版。 Amazon「女性と仕事」部門等6部門でセールスランキング1位を獲得。 現在はサロン経営を続けながら、開業・エステ技術などのセミナー講師・執筆業もおこなっている。 日本おうちサロンマップ協会かながわ支部長として、自宅サロン経営者の支援にも力を入れている。

関連記事

山崎玲美 ニュースレター

講座情報や活動報告をメールでお届け!

登録はこちらから

ママ、おうちサロンはじめました

ママ、おうちサロンはじめました

子育ても、好きな仕事も諦めたくない、すべてのママへ

amazonで購入する