「ママ、おうちサロンはじめました」の著者で現役エステサロンオーナー山崎玲美が、サロン開業を目指す女性起業家にエステ技術と経営ノウハウを教えます。

menu

エステセラピスト養成スクール シルフィアピーカーブー|神奈川県大和市

「仕事」と「育児」の両立。ちょっと拝見!「おうちサロン」①

東京都中野区の「パールジェイド」さん
さて、ここでもっと具体的に「おうちサロン」イメージしてもらえるように、今、頑張っている「おうちサロン」を訪ねて、いろいろとお話しを伺ってきました。

まずは、ヨーロッパ仕込みのメディカルエステを提供する東京中野区の「パールジェイド」のオーナーエステティシャン、柴崎知加さんです。

Q.「おうちサロン」をはじめたきっかけはなんですか?

柴崎さん 
今から、20年前ほど前のことです。私は大手サロンの店長を経験した後、ハンガリーやフランス、スイスにエステ留学をしました。そこで学んだのが「医療提携のエステティック」でした。ハンガリーもフランスも、大きな店舗で展開しているサロンより、個人経営のサロンの方が多かったのです。

私は「おうちサロン」の原型を欧州で学んだのだと思います。日本にはその当時、医療提携のエステも「おうちサロン」も、あまりありませんでした。だからこそ、「はじめる価値がある!」と思ったのです。

Q.家事と育児「おうちサロン」の両立の工夫は? 

柴崎さん
「今、自分が時間を割かないといけない優先順位」をいつも考えています。今は仕事を優先するのか、子供を優先するのか。プライオリティをつけて、行動するようにしているのです。

そんなやり方が良かったのかもしれません。とくに大きな失敗もせずに、家族にも協力してもらいながら、この仕事を続けることができました。サロン経営の利益のことは、はじめから大きなことは考えたりはしませんでした。

お店として利益を出すことを短期で考えず中期的に考えていました。「はじめは、利益は少なくてもいい。長い目でみて、だんだん利益を増やしていけばいい」そんな感覚で、自分に厳しくなりすぎず、コツコツと仕事を続けたのです。 前編

The following two tabs change content below.

山崎玲美

エステ歴20年。2児の母。 大学のインテリア学科卒業後、建築デザイン事務所、スポーツインストラクター経て大手エステサロンに勤務。 2001年の長男出産と同時に自宅でエステサロンを開業。 2007年、大和駅前に出店。 子育てとの両立が難しいエステ業界で、10年以上無借金経営を継続、年商1000万円を達成した。 2014年、おうちサロンのつくり方、集客、経営ノウハウなどを、自身の経験をもとにまとめた著書「ママ、おうちサロンはじめました」(牧野出版)を出版。 Amazon「女性と仕事」部門等6部門でセールスランキング1位を獲得。 現在はサロン経営を続けながら、開業・エステ技術などのセミナー講師・執筆業もおこなっている。 日本おうちサロンマップ協会かながわ支部長として、自宅サロン経営者の支援にも力を入れている。

関連記事

山崎玲美 ニュースレター

講座情報や活動報告をメールでお届け!

登録はこちらから

ママ、おうちサロンはじめました

ママ、おうちサロンはじめました

子育ても、好きな仕事も諦めたくない、すべてのママへ

amazonで購入する