「ママ、おうちサロンはじめました」の著者で現役エステサロンオーナー山崎玲美が、サロン開業を目指す女性起業家にエステ技術と経営ノウハウを教えます。

menu

エステセラピスト養成スクール シルフィアピーカーブー|神奈川県大和市

こんな働き方もありー 出張サロン、シェアサロン

セラピストは、技術があればどこでも施術が行えるのが強み。ですから、場所に縛られる必要はありません。

「出張サロン」サービスをしたり、「シェアサロン(レンタルサロン)を借りるという選択肢もあります。

「出張サロン」は、その名のとおり、お客様のご自宅まで出張して施術を行うサービス。

お子さんが小さかったり、介護などで家を開けられないお客様にぴったりです。

私のおうちエステサロン「ピーカーブー」にいらしてくださる方でも、事情があって定期的に通えないという方にご提案させていたこともありました 。

まず、お客様と事前にお電話で、どのようなお悩みなのかをお尋ねして、ご希望に合わせたメニューと道具を持ってご自宅にお伺いします。

フェイシャルメニューだけならば、電車で伺うこともできますが、車があれば、折りたたみベッドなども運べるのでボディートリートメントも可能です。

ただし、他人のお宅に上がるので初めてのお客様の場合少し注意が必要。

新規の場合は、お客様が女性であることを確認して、きちんとカウンセリングしておきましょう。

「シェアサロン(レンタルサロン)」は時間単位でサロンスペースをレンタルできる施設のこと。

ここ数年、フリーのエステティシャンやネイリスト、カウンセラーたちのニーズが高まり、ぐんと数が増えてきました。

その多くが立地も良く、ベットなどの設備も整っているので、気軽に利用できるのが魅力です。

そんなシェアサロンの活用方法はさまざま。

「おうちサロン」のオープン前に、ウォーミングアップとして利用してみるのもオススメですし、

サロンをオープンしてからも、交通の便が悪いお客様のための拠点とすると良いでしょう。

また、より広いエリアのお客様に来ていただくために、複数の「シェアサロン」を拠点に活動するセラピストもいます。

セラピストだからこそできる自由な働き方を、ぜひ使い分けてください。

The following two tabs change content below.

山崎玲美

エステ歴20年。2児の母。 大学のインテリア学科卒業後、建築デザイン事務所、スポーツインストラクター経て大手エステサロンに勤務。 2001年の長男出産と同時に自宅でエステサロンを開業。 2007年、大和駅前に出店。 子育てとの両立が難しいエステ業界で、10年以上無借金経営を継続、年商1000万円を達成した。 2014年、おうちサロンのつくり方、集客、経営ノウハウなどを、自身の経験をもとにまとめた著書「ママ、おうちサロンはじめました」(牧野出版)を出版。 Amazon「女性と仕事」部門等6部門でセールスランキング1位を獲得。 現在はサロン経営を続けながら、開業・エステ技術などのセミナー講師・執筆業もおこなっている。 日本おうちサロンマップ協会かながわ支部長として、自宅サロン経営者の支援にも力を入れている。

関連記事

山崎玲美 ニュースレター

講座情報や活動報告をメールでお届け!

登録はこちらから

ママ、おうちサロンはじめました

ママ、おうちサロンはじめました

子育ても、好きな仕事も諦めたくない、すべてのママへ

amazonで購入する