「ママ、おうちサロンはじめました」の著者で現役エステサロンオーナー山崎玲美が、サロン開業を目指す女性起業家にエステ技術と経営ノウハウを教えます。

menu

エステセラピスト養成スクール シルフィアピーカーブー|神奈川県大和市

自己資金ゼロからでもできるおうちエステサロン🎶

美容を仕事にしたいと思ったとき、心配なのは開業資金と準備期間のことでしょう。

けれど、そこで「私には難しい……」「大変そう」と断念してしまう必要はありません。

すべてを完璧に揃えてからではなく、できることから始めて、できることを一つ一つ増やしていけばいいのです。

例えば、いきなり大手のようなエステサロンを始めようとすると、高い費用と時間をかけて資格を取って備品を揃えて、内装を整えなければなりませんが、ベッドと化粧品さえあれば施術ができます。

資格は持っていたほうが有利ですが、いきなり時間とお金をかけて、難しい資格に挑戦する必要もありません。

まずは、安く短期間で資格を取って、そこからステップアップしていけば大丈夫です。

その資格を取ることで得られるものは、お客様にとってのわかりやすい安心感とあなたの自信なのです。

私の場合、妊娠をきっかけに大手エステサロンを退社し、まもなくして妊娠中に、フットセラピーのスクールに入学しました。

これは失業手当てをあてたもので、週1〜2回、3〜5時間の授業を2ヶ月間受けました。授業料は14万円です。

そして、5月24日フットセラピストの資格を取得。同年から「1,000円の足つぼマッサージ」をスタート。
費用はクリーム2,500円タール500円でした。(ちなみに初月のお客様は知り合い3人)

私は資格を取得してか開業しましたが、もともと経験やスキルがあれば、資格取得にこだわらず、すぐに始めることができます。

私は開業した後に、整体の資格を取ったりしながら、徐々に単価アップが見込めるメニューを導入してきました。

「まずは、始めてみる」という身軽さが大事です。最初はずっとセラピーのようなシンプルなメニューだけでもいいと思います。

プロとして、より多くのお客様と直接交流することが、何よりも大切です。

The following two tabs change content below.

山崎玲美

エステ歴20年。2児の母。 大学のインテリア学科卒業後、建築デザイン事務所、スポーツインストラクター経て大手エステサロンに勤務。 2001年の長男出産と同時に自宅でエステサロンを開業。 2007年、大和駅前に出店。 子育てとの両立が難しいエステ業界で、10年以上無借金経営を継続、年商1000万円を達成した。 2014年、おうちサロンのつくり方、集客、経営ノウハウなどを、自身の経験をもとにまとめた著書「ママ、おうちサロンはじめました」(牧野出版)を出版。 Amazon「女性と仕事」部門等6部門でセールスランキング1位を獲得。 現在はサロン経営を続けながら、開業・エステ技術などのセミナー講師・執筆業もおこなっている。 日本おうちサロンマップ協会かながわ支部長として、自宅サロン経営者の支援にも力を入れている。

関連記事

山崎玲美 ニュースレター

講座情報や活動報告をメールでお届け!

登録はこちらから

ママ、おうちサロンはじめました

ママ、おうちサロンはじめました

子育ても、好きな仕事も諦めたくない、すべてのママへ

amazonで購入する